肛門の病気、痔の原因。千葉県での治療。

肛門やその周辺に起きる病気が痔です。
種類があります。
肛門を閉じる部分がうっ血し膨らみを帯びたものがいぼ痔です。
これは、便秘などが原因で、排便時にいきむ事で起こります。
妊娠した女性が、妊娠時に起こりやすい便秘が原因で、発病するケースも多くあります。
痛みはさほどありませんが、排便時に血が混じったり、お尻に違和感があり発見されることが多いです。
初期のうちは、指で押すと中に入っていきますが、進行すると中に入らず、露出したままになってしまいます。
また、いぼ痔の中には閉じる部分の外側にできるものもあります。
これは、アルコールや辛い物を食べた時や、ストレスから起こります。
出血は少ないものの、腫れて激しい痛みがある場合があります。
このような事にならないためにも、原因となる便秘・下痢・生活習慣を見直す事が大切です。
千葉県には、専門的な治療のできる肛門科・胃腸科の病院が多数あります。
千葉県の病院の中には女医がいる病院もあるので、女性の方で抵抗のある方は探してみるとよいです。