千葉県内で女性医師のいる肛門・痔のクリニック

出産後に初めて痔を体験しました。
昔父が痔になりドーナツ型の座布団に座っていたのを覚えていますが、それまで「痔」は、中年男性の病気とおもっていました。
ところが自分が父と同じ症状になってはじめて、いろいろと市食べてみたところ、意外にも女性に多いことがわかりました。
便秘がちの女性に多くみられるそうで、またいろいろな症状や種類があることを知りました。
肛門の周りの痛みがひどくなり、いよいよお医者様に見ていただかないといけなくなりましたが、場所が場所なだけに、どうしても女医さんいる医院を希望しました。
千葉県市内に住んでいるので、できるだけ家から近い医院を探しました。
インターネットで多くの病院を検索し、車で30分ほどの千葉市の花見川区にある医院を選びました。
決め手は女性医師が常勤していることでした。
実際に診察してもらい、病院の雰囲気や看護婦さん、医師の対応がとても良いといった印象を受けました。
治療や手術についても丁寧に説明してくれました。
手術も日帰り手術を行っていただき、現在では肛門の痛みもなくなり、再発もしていません。